ロゴ  大阪府吹田市のゆめたす行政書士事務所

建設業許可・経審・産廃収集運搬許可・古物商許可

「産業廃棄物収集運搬業許可」を取得した後は?

2021/08/21 更新

「産業廃棄物収集運搬業許可」を取得した後は?

1.許可の更新はいつまでに?

産業廃棄物収集運搬業許可は、5年間(優良認定された場合は7年間)の有効期限があります。
産業廃棄物収集運搬業許可の更新手続きは、許可の有効期限が終了するまでではありません。
有効期間満了の3ヶ月前~1ヶ月前の間に、更新許可の申請が必要になります。

更新許可の申請ごとに「更新のための講習会」を受講する必要があります。
講習は、有効期間満了の2年前から受講可能です。
講習会の修了書が、有効期限が切れた後に届くことがないように余裕を持って行動する必要があります。

また変更届の提出が必要であれば、変更届を提出しておかなければなりません。
変更届を提出していないと、更新の手続きはできません。

更新を忘れてしまった場合は、新規許可を取得し直す必要があります。

優良産廃処理業者として認定された場合は、有効期間が7年間になります。
排出事業者が優良業者に産業廃棄物の処理を委託しやすい環境を整備することで、産業廃棄物の適正な処理を進めることを目的としています。
次に評価基準5つの条件を満たしている処理業者に対して認定され、許可証の右上に優良マークが付与されます。

  1. ISO14001又はエコアクション21などへの認証を受けていること
  2. 電子マニフェストが利用可能であること
  3. 財務体質の健全性
  4. 5年以上の処理実績と、行政処分などを受けていないこと
  5. インターネットによる処理実績などの情報公開

優良マークは、評価基準を満たしていると付与されます。
処理業者選定の判断材料のひとつとして参考にすればよいのですが、自治体が処理業者に太鼓判を押したわけではありません。

2.新たに変更が生じたときは?

許可を取得した都道府県以外で収集運搬したい場合、その都道府県の「新規許可申請」が必要です。

許可を取得している品目以外の品目を追加したい場合は、「変更許可申請」が必要です。
「積替え保管」に変更したい場合も、「変更許可申請」が必要です。
変更許可申請をせずに営業を行った場合は、許可取り消しになります。

また許可証が、石綿(アスベスト)を「除く」となっているときに、「含む」に変更する場合も、変更許可申請が必要です。

変更許可申請は、出来なかったことを出来るようにする手続きです。
そのため新規申請と、手続きや必要書類に大きく変わりはありません。

変更があればその都度、変更届を提出しなければなりません。
複数の自治体で許可がある場合、全ての自治体に提出する必要があります。

以下のような変更が生じた場合は、「変更届」を提出する必要があります。


変更届出は、変更が生じてから10日以内に提出する必要があります。
法人で登記事項証明書を添付する場合は、変更の日から30日以内です。

3.運搬する車両に備えるもの

運搬する車両には、法律で決まった事項を表示しなければなりません。

車両の両側面に直接ペイントするか、マグネットシートを用います。
マグネットシートはネットで検索すると、マグネットシート専門店が見つかります。

運搬する車両の表示事項
出典:環境省ホームページ(http://www.env.go.jp/recycle/waste/pamph/02.pdf)

産業廃棄物を荷降ろした後は表示の義務はありませんので、マグネットシートを外しても問題ありません。

運搬する車両には、「許可証のコピー」と「マニフェスト」を携帯する必要があります。

運搬する車両の携帯義務
出典:環境省ホームページ(http://www.env.go.jp/recycle/waste/pamph/03.pdf)

表示と携帯の義務を怠った場合、廃棄物処理法違反になります。
産業廃棄物収集運搬業者は「営業停止処分」です。
自社運搬の排出事業者には「改善命令」の対象になります。

「マニフェスト」とは、廃棄物の処理が適正に実施されたか、確認するために作成する伝票です。
複写式の紙伝票の紙マニフェストと、パソコン等を使用して情報登録する電子マニフェストがあります。

排出事業場から処分業者に直接運搬される「直行用」マニフェストと、積替保管を経由して処分業者に引き渡される場合の「積替用」マニフェストがあります。

マニフェストの運用は、以下の表のとおりに行われます。

「直行用」マニフェスト

A票  排出事業者の保存用
B1票  運搬業者の控え
B2票  運搬業者から排出事業者に返送され、運搬終了を確認
C1票  処分業者の保存用
C2票  処分業者から運搬業者に返送され、処分終了を確認(運搬業者の保存用)
D票  処分業者から排出事業者に返送され、処分終了を確認
E票  処分業者から排出事業者に返送され、最終処分終了を確認

「積替用」マニフェスト

A票  排出事業者の保存用
B2票  第1区間の運搬業者から排出事業者に返送され、第1区間の運搬終了を確認
B4票  第2区間の運搬業者から排出事業者に返送され、第2区間の運搬終了を確認
B6票  第3区間の運搬業者から排出事業者に返送され、第3区間の運搬終了を確認
C1票  処分業者の保存用
C2票  処分業者から最終区間の運搬業者に返送され、処分終了を確認(運搬業者の保存用)
D票  処分業者から排出事業者に返送され、処分終了を確認
E票  処分業者から排出事業者に返送され、最終処分終了を確認

4.まとめ

うなずき

「産業廃棄物収集運搬業許可」を取得した後について、
まとめてみました。

  1. 産業廃棄物収集運搬業許可は、5年間(優良認定された場合は7年間)の有効期限がある。
  2. 有効期間満了の3ヶ月前~1ヶ月前の間に、更新許可の申請が必要になる。
  3. 変更届出は、変更が生じてから10日以内に提出する必要がある。
  4. 運搬する車両には、「許可証のコピー」と「マニフェスト」を携帯する必要がある。

色々な都道府県で産業廃棄物収集運搬業許可を取得される場合は、それぞれの役所に申請書を提出に行くことになります。
かなり手間のかかる作業になると思います。

産業廃棄物収集運搬業許可の取得を検討されているのであれば、専門家視点でお手続きを当事務所は代行いたします!


ページのトップへ戻る