遺言書を作るのはまだ早い?

15歳の遺言書

いずれ遺言書を作るつもりだけど、もっと年をとってからでいい。
そう思っている方は、高齢者が遺言書を作るというイメージと思います。

法律では、15歳以上になれば、遺言書を作ることができます。
仕事を引退した人より、働き盛りの人の方が残される家族が困難に陥るでしょう。

自分の死期を確実に予測することは不可能です。
平均寿命で直ぐに亡くなるわけでもなく、長生きする方は沢山おられます。
若く健康な方が、事故や病気で亡くなることも少なくありません。
相続は、突然やってきます。
死ぬまでに財産を使い切るつもりなので、相続対策は必要ないと考えておられる方もおられます。 しかし実際は、そういうことは不可能です。
予め寿命を予測し、財産を使い切ることは現実的ではありません。
所有財産をどのように使い、どのように家族に残すことを考える方が、現実的でしょう。

遺言書は重い病気になったり、死が間近になってから作ろうとしても手遅れです。
きちんとした遺言書を作るには、時間とエネルギーが必要です。
また判断能力が低下して遺言書を作ると、遺言書が無効になる恐れがあります。

遺言書を作るのに、早すぎるということはありません。
自分のため、残される家族のためにも、若い方も遺言書を作っておくことをお勧めします。




当事務所の姉妹サイト

車庫証明の申請代行、自動車の名義変更はこちらです。
http://yumetas2.bona.jp/
特殊車両通行許可申請・古物商許可申請はこちらです。
http://yumetas.sakura.ne.jp/
日常のブログはこちらです。
https://ameblo.jp/ho-6/

ページのトップへ戻る