遺言書と遺書の違いについて

遺言書と遺書

「遺言書」と「遺書」は違うということをご存知でしょうか?
言葉が違うだけでなく、内容も全く違うものになります。

「遺書」とは、死ぬことに対する私的なメッセージです。
書き方は自由で、特段何の決まりもありません。
そのため、法的効力は全くありません。
単なるメッセージのため、書かれたことに従う必要はありません。

「遺言書」は、遺産分割の分け方を指示する法的な書類です。
形式や内容は法律で決められています。
自分の財産を特定の人に残したいのであれば、法律に従った「遺言書」をつくる必要があるのです。
例えば手紙やエンディングノートを書いたとしても、遺族はそのことに従う義務はありません。

「遺言書なんて大げさな」と拒否反応を示す方も多いです。
しかし遺言書を作るメリットはありますし、意外と作るのは簡単です。
両親や親せきで相続を経験したことがある方は、相続手続きの大変さは理解できるのではないでしょうか。
経験がなくても、将来配偶者や子供たちに迷惑をかけたくないと思うのであれば、遺言書を作ることをお勧めします。


紙に書き残すことが大切

相続問題は、亡くなった人が遺産の処分などをどのように考えていたのか、ハッキリしないということが原因にあります。
相続人がそれぞれ勝手な解釈や思惑で言い出すと、なかなかまとまりません。
自分の希望を心にしまわずに、紙に書いておくということが大切です。
市販のエンディングノートを使って書いておくことも良いでしょう。
口約束だと、あとで「言った」「言っていない」のトラブルになります。
例えば、以下のことを紙に書いておくと良いでしょう。

その他様々なことが考えられますが、遺族に紙で意思表示をしておくということが重要です。
ただしメモやエンディングノートでは法的効力はありませんので、財産をどのように相続させるかということは、「遺言書」という法律に沿ったかたちで書き残しておくと安心です。





当事務所の姉妹サイト

車庫証明の申請代行、自動車の名義変更はこちらです。
http://yumetas2.bona.jp/
特殊車両通行許可申請・古物商許可申請はこちらです。
http://yumetas.sakura.ne.jp/
日常のブログはこちらです。
https://ameblo.jp/ho-6/

ページのトップへ戻る