香典の受取人は誰になる?

香典の受け取り

香典の受取人は誰になるのでしょうか?
葬儀費用に関しては、裁判では以下で見解が分かれています。

  1. 相続人で分担して負担する。
  2. 喪主が負担する。
  3. 相続財産から支出する。
  4. 地方ごとの慣習による。

葬儀費用の負担者は、遺言で指定されていれば、それに従います。
指定が無ければ相続人の話し合いで決めます。

香典の受け取りは、葬儀費用を支払った人が、その支払い分を香典で埋め合わせることになります。
葬儀費用を相続財産から支払った場合、香典は一般的には相続財産ではないので喪主が取得すると考えられます。

香典で葬儀費用を支払い、足りないときは相続財産から支払い、それでも足りない場合は相続人が相続分に応じて負担することになると考えられます。


葬儀費用は相続財産から支出できる?

葬儀費用の負担者に関しては、民法で規定はされていません。
実務上の判断も事例によってまちまちで、全国的に定まったものはありません。
相続財産から葬儀費用を支出したことが明らかなときは、他の相続人があえて争わないというケースが殆どです。
喪主としては、最終的に葬儀費用が自らの負担となるという可能性もあります。
結局は諸説分かれており、相続財産から支出することが当然に求められるわけではありません。





当事務所の姉妹サイト

車庫証明の申請代行、自動車の名義変更はこちらです。
http://yumetas2.bona.jp/
特殊車両通行許可申請・古物商許可申請はこちらです。
http://yumetas.sakura.ne.jp/
日常のブログはこちらです。
https://ameblo.jp/ho-6/

ページのトップへ戻る