相続した土地の時効取得について

境界線

相続した土地が、隣地所有者から土地の境界を越えているため返すように言われた場合は、返す必要があるのでしょうか?
本当に境界を越えているかどうか、まず調査する必要があるでしょう。
調査で境界を越えていても、時効取得を主張し返さなくてもよいかもしれません。

他人の土地でも20年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ公然と占有すると時効取得ができます。(民法162条1項)
所有の意思をもつということは、単に自分が所有者だと信じていただけでは足りません。 占有開始時に、売買、贈与、交換など自分を所有者であると信じるに足りる事実が必要です。
平穏とは、暴力や脅迫などをせずに、占有することです。
公然とは、占有の事実を隠さないことです。

そして占有開始時から10年間、善意無過失で所有の意思を持って公然と占有すれば時効取得ができます。(民法162条2項)
善意とは、知らないことを意味します。
無過失とは、信じることについて過失がないことです。

占有は、相続で継承されます
被相続人の占有開始時に善意無過失であれば、相続後に10年以上経過していれば、時効取得を主張することができます。
被相続人と相続人の占有を合わせて、20年以上経過により、時効取得を主張することもできます。
時効取得をした場合、時効取得による登記をしておくべきです。





当事務所の姉妹サイト

車庫証明の申請代行、自動車の名義変更はこちらです。
http://yumetas2.bona.jp/
特殊車両通行許可申請・古物商許可申請はこちらです。
http://yumetas.sakura.ne.jp/
日常のブログはこちらです。
https://ameblo.jp/ho-6/

ページのトップへ戻る