遺産分割前の遺産からの収入について

賃料収入

父親の相続が発生し、遺産分割協議がなかなかまとまらなかったケース。
家庭裁判所の審判で、長男に貸家と駐車場を相続しました。
審判までの間で得られた賃料と駐車場収入は長男のものなのでしょうか?

共同相続人がそれぞれ相続分に応じて取得するという見解と、遺産分割で相続した人が取得するという見解があります。
民法909条には、「遺産分割は相続開始時にさかのぼって効力を生ずる。ただし、第三者の権利を害することはできない」とあります。

しかし、2005年9月8日の最高裁による判例では、「賃貸不動産から生じた賃料収入は遺産とは別個の財産であって、各共同相続人がその相続人分に応じて取得し、この権利は後の遺産分割の影響は受けない」としています。

賃料などの収入は相続開始時には存在しない財産ですので、遺産には含まれないという見解が一般的です。
そのため、審判までの賃料は、相続人が相続分に応じて取得することになります。





当事務所の姉妹サイト

車庫証明の申請代行、自動車の名義変更はこちらです。
http://yumetas2.bona.jp/
特殊車両通行許可申請・古物商許可申請はこちらです。
http://yumetas.sakura.ne.jp/
日常のブログはこちらです。
https://ameblo.jp/ho-6/

ページのトップへ戻る