法改正:預金の仮払い制度について

預金の払戻し

2019年7月1日から、法改正で「預金の仮払い制度」が施行されます。
民法の改正前は、相続人全員の同意がない限り、故人の預金を引き出すことは出来ませんでした。
そのため、当面の生活費や葬儀費用の支払いで困りました。

今回の法改正で、以下の計算式で、単独で払戻しができるようになります。

故人の預貯金額 x 1/3 x 法定相続分 = 単独で払い戻しできる額
ただし、同一の金融機関に対する権利行使は、法務省令で定める額(150万円)が限度です。


引き出した金額は、相続人が遺産の一部を分割で取得したとみなされます。
のちに多額の借金や保証人になっていたことが判明しても、相続放棄の手続きは出来なくなるので注意が必要です。





当事務所の姉妹サイト

車庫証明の申請代行、自動車の名義変更はこちらです。
http://yumetas2.bona.jp/
特殊車両通行許可申請・古物商許可申請はこちらです。
http://yumetas.sakura.ne.jp/
日常のブログはこちらです。
https://ameblo.jp/ho-6/

ページのトップへ戻る