法改正:自筆証書遺言の保管制度について

遺言書の保管

2020年7月10日から、法改正で「自筆証書遺言の保管制度」が施行されます。
今までは、自分で遺言書を管理する必要があったため、紛失、隠匿、変造の恐れがありました。
そこで、法務局で自筆証書遺言の保管制度が新設されることになりました。

必ず遺言者本人が以下へ持参する必要があります。
代理人は、申請ができません。
そのため、病気で寝たきりの方などは、この制度が使えません。

また、遺言書は封をしないでください。
法務局では、自筆証書遺言の要件を、外形的に確認をします。
あくまで現状を確認するだけで、有効性の判断まではしません。

預けた後は、遺言者の生前は、遺言者以外は閲覧ができません。
遺言者が亡くなった後、相続人等(受遺者、遺言執行者)は、「遺言書情報証明書」の交付請求ができます。
交付請求した時に、法務局は相続人等に対して、閲覧の請求があったことを通知します。

自筆証書遺言は、家庭裁判所の検認が必要ですが、この制度を利用した遺言書は検認が不要になります。

そして遺言者は、いつでも遺言書の保管を撤回ができます。
ただし、保管の時と同じように、遺言者本人が必ず出頭する必要があります。

保管時には出頭できたけれど、その後撤回したくても病気で出頭できない場合は、保管を撤回することはできなくなります。
その場合、保管された遺言書を撤回する遺言書を、新たに作成する必要があります。





当事務所の姉妹サイト

車庫証明の申請代行、自動車の名義変更はこちらです。
http://yumetas2.bona.jp/
特殊車両通行許可申請・古物商許可申請はこちらです。
http://yumetas.sakura.ne.jp/
日常のブログはこちらです。
https://ameblo.jp/ho-6/

ページのトップへ戻る