言葉が不自由な方の遺言方法

翻訳者

公正証書遺言では、遺言者が公証人に遺言の内容を口頭で伝える必要があります。
そのため、口頭で遺言内容を述べることができない方は、公正証書遺言は作成できないとされていました。
1999年の民法改正により、口頭で述べる代わりに通訳者による「通訳」または「自書」でも良いとなりました。
そのため、言葉が不自由な方も公正証書遺言で作成できるようになりました。

通訳方法は、手話通訳、読話、指点字でもOKです。
他に目の不自由な方、耳が聞こえない方も、公正証書遺言を可能にしています。
目が不自由な方は、「目が不自由な方の遺言方法」をご覧ください。

公証人手数料は、「公正証書遺言の公証人手数料について」をご覧ください。
公正証書遺言の必要書類には、以下が必要となります。






当事務所の姉妹サイト

車庫証明の申請代行、自動車の名義変更はこちらです。
http://yumetas2.bona.jp/
特殊車両通行許可申請・古物商許可申請はこちらです。
http://yumetas.sakura.ne.jp/
日常のブログはこちらです。
https://ameblo.jp/ho-6/

ページのトップへ戻る