複数の遺言書が見つかった場合

複数の遺言書

複数の遺言書が見つかった場合、自筆証書遺言や公正証書遺言等の種類に関係なく、日付が新しいものが有効になります。
遺言者は遺言書を書き直したり、書いたことを忘れて、また書いてしまうこともあります。

古い遺言書と新しい遺言書を比較し、内容に矛盾しない部分については、古い遺言書も有効になります。
例えば古い遺言書に、自宅の相続について書かれているのに、新しい遺言書には自宅については全く書かれていないケースは、古い遺言書の内容も適用されます。

同じ日付の遺言書が出てきた場合も、遺言書を比較し、矛盾がなければどちらも有効です。
もし同じ日付の遺言書で、矛盾が発生していれば、相続人の間の話し合いで決めます。

遺言書が発見され、遺言者が書いたことが疑わしい場合は、「遺言無効確認訴訟」を起こすことができます。
筆跡鑑定を行ったり、当時の医療記録や介護記録などを準備します。


遺言書を破棄したら?

遺言者が故意に遺言書を破棄した場合、遺言を撤回したとみなされます。
後に書いた遺言書を破棄すると、前に書いた遺言書が有効になります。

遺言書を発見した相続人が遺言書を破棄した場合、相続人の欠格事由となり相続人の権利が無くなります。
また私文書破棄の犯罪になります。





当事務所の姉妹サイト

車庫証明の申請代行、自動車の名義変更はこちらです。
http://yumetas2.bona.jp/
特殊車両通行許可申請・古物商許可申請はこちらです。
http://yumetas.sakura.ne.jp/
日常のブログはこちらです。
https://ameblo.jp/ho-6/

ページのトップへ戻る