腹違いの兄弟の相続

腹違いの兄弟

子どもがおらず、両親も亡くなっている夫婦の場合、相続人は兄弟姉妹になります。
両親を同じくする兄弟姉妹は、「全血兄弟」と言います。
父と母のどちらかだけが同じ兄弟を、「半血兄弟」と言います。

相続人が兄弟になる場合、腹違いの兄弟(半血兄弟)がいないことを確認する必要があります。
腹違いの兄弟がいた場合、その方が遺産分割協議に参加しないと、遺産分割は無効です。

全血兄弟と半血兄弟には、相続分に違いがあります。
半血兄弟の場合、全血兄弟の相続分の半分になります。

兄弟が相続人になるケースで、例えば夫が妻に全財産を相続するという遺言書を残していれば、兄弟は遺留分がありません。
そのため、兄弟が遺産分割をすることを考える必要がなかったのです。

重要なことは、誰が相続人になるのか速やかに調査することです。
そのためには、被相続人の戸籍をきちんと確認することからはじまります。





当事務所の姉妹サイト

車庫証明の申請代行、自動車の名義変更はこちらです。
http://yumetas2.bona.jp/
特殊車両通行許可申請・古物商許可申請はこちらです。
http://yumetas.sakura.ne.jp/
日常のブログはこちらです。
https://ameblo.jp/ho-6/

ページのトップへ戻る