同時死亡の夫婦の相続は誰に

同時死亡

例えば、子どもがいない夫婦が、交通事故で一緒に亡くなったしまったケース。
どちらが先に亡くなったか判断するのは難しくなります。
その場合、「同時死亡の推定」が適用されます。
これが適用されると、お互いに相続が発生しないとみなされ、それぞれの血縁者が相続することになります。

子がいれば、子が相続人になります。
子がいなければ、それぞれの親、親がいなければ兄弟姉妹が相続人になります。

もし夫が即死し、妻が病院に運ばれてから亡くなった場合は、相続が発生します。
夫の財産は妻にも相続され、その後妻が亡くなったので、妻が相続する分は妻の血縁者へ相続されます。
このように相続人が確定する前に、相続人が死亡し、次の相続が始まるケースを「再転相続」と言います。

交通事故だけでなく、高齢の夫婦が人知れず亡くなった後に発見されるというケースもあります。
こうしたケースは、司法解剖により、どちらが先に死亡したかを判定することになります。
「同時死亡の推定」ですので、死亡の先後を立証できれば、その推定は覆されます。
死亡の先後によって大きな影響を及ぼすことになるので、明確な反証が無い限り、推定を覆すのは困難です。





当事務所の姉妹サイト

車庫証明の申請代行、自動車の名義変更はこちらです。
http://yumetas2.bona.jp/
特殊車両通行許可申請・古物商許可申請はこちらです。
http://yumetas.sakura.ne.jp/
日常のブログはこちらです。
https://ameblo.jp/ho-6/

ページのトップへ戻る