養子縁組と相続について

連れ子の相続

養子縁組をしていない連れ子は、どれだけ愛されていても血が繋がっていないため、相続人にはなれません。
養子縁組をすることで、実子と同様に、法定相続人になることができます。

また、養子縁組をしなくても、遺言によって連れ子に財産を残すことができます。
相続においては、法定相続分より、遺言書の内容が優先されます。
個人が所有する財産の扱いについて、何者の干渉も受けない「所有権絶対の原則」があるためです。

また養子縁組をしていない連れ子には、「相続させる」という表現は間違いになります。
法定相続人ではないため、「遺贈させる」という表現になります。
遺贈は、相続人ではない指定した人へ、贈与することを言います。
遺贈する相手は、特別な制限はありません。


夫婦の一方のみと養子縁組をしている場合

養子縁組で、「養子」と「養親及びその血族」との間には、血族関係が生じます。
しかし養親の配偶者は、養親の親族ではありますが血族ではありません。
そのため、「養子」と「養親の配偶者」との間では、血族関係が生じません。
夫婦一方のみと養子縁組をしている養子には、養親の配偶者からの相続権は認められません。


実の父母との相続について

特別養子には、養子縁組後に生じた実の父母及びその血族の相続については相続権がありません。
特別養子縁組にて、実の父母及び血族との親族関係は終了します。
普通養子には、そのような規定はありません。
そのため普通養子の場合には、養子縁組後に生じた実の父母及び血族の相続についても相続権があります。


養子の子の代襲相続について

養子が先に亡くなった後、養子の子は代襲相続できるのでしょうか?
養子縁組後に出生した養子の子は、出生時には養子と養親との間に血族関係が生じていますので、養親の直系卑属となります。 そのため、代襲相続権があります。
養子縁組前に出生した養子の子は、養子と養親との間に血族関係は生じません。
そのため養親の直系卑属にならないため、代襲相続権はありません。





当事務所の姉妹サイト

車庫証明の申請代行、自動車の名義変更はこちらです。
http://yumetas2.bona.jp/
特殊車両通行許可申請・古物商許可申請はこちらです。
http://yumetas.sakura.ne.jp/
日常のブログはこちらです。
https://ameblo.jp/ho-6/

ページのトップへ戻る