封筒を開けてしまった遺言書

封筒を開ける

たまたま見つけた封筒を開けてみたら、遺言書だったというケース。
開けてしまっても、遺言書の内容が無効になるということはありません。
ただし、5万円以下の過料という罰則があります。
封筒に「遺言書」という文言を書いておかないと、つい開けてしまいますね。

遺言書の有無や保管場所は、故人が亡くなる前に確認しておくのが理想です。
それができなかった場合は、遺品を整理しながら探しましょう。
遺言書を見つけた場合は、見つけた状態で保管し、速やかに検認の手続きを行います。

検認は遺言書の偽造・変造を防ぎ、遺言書を確実に保存するための認証手続きです。
検認の請求を受けた裁判所は、遺言の方式に関する事実を調査し、外部的状態を検認・認証して、検認調書を作成します。

では、遺言書はどこに保管しておくべきでしょうか?

ページのトップへ戻る