遺産分割後に遺言書が見つかった場合

遺言書を見つけた

遺産分割協議の終了後、自筆遺言書が見つかった場合、どうすればよいでしょうか?
自筆の遺言書を発見した場合は、速やかに家庭裁判所に提出して、「検認」という手続きをしなくてはなりません。
家庭裁判所の検認を行う際に、遺言書は相続人立ち合いで開封します。

遺言の内容が、遺産の全部又は一部が遺産分割協議の内容と被る場合は、遺産分割協議は原則として無効です。
しかし、遺言で遺産を受け取ることになっている方が権利を放棄し、遺産分割協議どおりでよいとしたときは、遺産分割協議は無効になりません。
相続人全員の同意があれば、遺言書と異なる遺産分割協議は成立します。

ただし遺言書の内容で、相続人の廃除や廃除の取り消しが認められ、相続人に変動が生じると遺産分割協議は無効です。

子どもを認知するという遺言書の内容だった場合は、認知によって相続人は増えます。 しかしその場合は、遺産分割協議は有効です。
既に遺産分割協議が成立した相続人たちは、認知された子どもへ相続分に相当する金銭を支払うことになります。


遺産分割協議後に、遺産の一部が漏れていたら?

遺産分割協議に漏れていた遺産が重要なものであり、相続人がその遺産の存在を知っていたら遺産分割協議をしなかったという場合は、その遺産分割協議は無効と考えられます。
無効とすべきほどの瑕疵が無いと判断される場合は、その残りの遺産を更に分割協議すれば有効です。
最初の遺産分割協議が有効か無効かで争いがある場合は、遺産分割協議の無効確認訴訟を提起することになります。





当事務所の姉妹サイト

車庫証明の申請代行、自動車の名義変更はこちらです。
http://yumetas2.bona.jp/
特殊車両通行許可申請・古物商許可申請はこちらです。
http://yumetas.sakura.ne.jp/
日常のブログはこちらです。
https://ameblo.jp/ho-6/

ページのトップへ戻る