目が不自由な方の遺言方法

目が不自由

遺言書の作成方法には、主に3種類あります。
目が不自由ですと、「自筆証書遺言」は自分で書く必要があるため不可能です。
「秘密証書遺言」は他人の代筆してもらうことはできますが、署名捺印をする必要があるため難しいでしょう。
公証人に作成してもらう「公正証書遺言」だと、遺言書を作成することができます。

公正証書遺言は、証人二人以上の立ち合いで、遺言者が公証人に遺言の内容を口頭で伝え、公証人が筆記して公正証書として作成します。
目が悪く文字が書けなくても、公証人がその理由を記載して、代わりに署名することができます。
公証人が遺言の内容を口頭で述べ、遺言書の内容を確認するだけでよいのです。
公正証書遺言は、公証役場で保管されるため、偽造変造や紛失する恐れがなく、家庭裁判所による検認の手続きも不要です。

公正証書遺言を作成するのに必要な書類を収集したり、より具体的に遺言書内容に問題が無いことを検討するためにも、遺言・相続を専門に取り扱う行政書士へご相談ください。





当事務所の姉妹サイト

車庫証明の申請代行、自動車の名義変更はこちらです。
http://yumetas2.bona.jp/
特殊車両通行許可申請・古物商許可申請はこちらです。
http://yumetas.sakura.ne.jp/
日常のブログはこちらです。
https://ameblo.jp/ho-6/

ページのトップへ戻る